人材の育成

人生にチャレンジし続ける私であること

10年後の長野を想像してみませんか?
「地域活性」が求められております。
実際のところ長野はどれくらい変わっていくのだろうか?
個人個人の想いがあるけれど、理想を理想のままにはしてはいけないと思う。
意見を出し合わなければ何も変わらない。
長野を変える為には人ごとではいけない。
だからこそ長野を大切に思うあなたに聞きます。
あなたはどんな長野を作りたい?
出来るだけ具体的に想像して欲しい。
想像できたらどうすれば実現できるか想像を練って欲しい。
私たちに出来る事はもっとある。
長野はもっと人が輝き、活力、魅力溢れた地域になれる。
10年後の長野をつくるのは誰でもない。私たちです。

JCの三信条

青年会議所には三信条があり、若い人々が集まって自己啓発(修練)を行なう場であり、培われた力を用いて地域社会にサービス(奉仕)することである。
そして、そのトレーニング・サービスを支える力として、会員全員、同志を貫くフレンドシップ(友情)がある。

「修練」 個人の修練
自覚と向上心を持つこと 社会的責任の自覚の過程であり、達成能力の
向上を目指し、連帯の意味を知り努力すること

「奉仕」 社会への奉仕
相互に支え合うこと 修練の実践であり、相互に支え合うこと

「友情」 世界との友情
個々の自覚と達成能力の獲得を切磋琢磨し、連帯すること

青年会議所で活動することで、このような成長も期待できます。

  • 私たちの住んでいる地域社会へ奉仕活動を通して、統率力や指導力が身につきます。
  • JC活動を通して、地域社会で活動されている方々との交流や情報交換ができます。
  • JC活動に積極的に参加することによって、全国に多くの仲間を作ることができます。
  • 大勢の人の前で話をしたり発表する場が多いので、自然に話がうまくなり表現力も豊富になります。
  • スムーズな会議の進め方や方法が習得できます。
  • 異業種の集まりのため、様々なノウハウを普段の会話から得ることができます。
  • 一般生活や仕事の中では経験できないことが経験できます。

能力向上の為の体系

役職自己トレーニングプログラム
正副理事長対内、対外を通じて高度な知識や
スキルを身につける
組織の運営
委員長次世代リーダーとしての
能力開発
委員会の運営
副委員長活動の中で実践的なスキルの能力拡大管理業務
委員会メンバー活動の中で実践的なスキルを身につける担当業務の遂行

単年度制によって組織の活性化や事業の斬新性が保持され、会員は一年ごとに様々な役職を経験し、豊富な実践経験を積みます。

さまざまな活動においてリーダーシップを発揮できるように、JCでは独自のプログラムを作成、常に実践的なトレーニングを行い、全会員の能力向上に努力しています。

「地域活性の為に、こんな事をしたい!」という想いがあれば事業として実現していく可能性があります。長野びんずる祭りや長野灯明まつり等も青年達の想いから生まれました。

2020年度スローガン

長野青年会議所とは

理事長挨拶

委員会紹介

関連サイト