昂然室

室方針

室長:鵜野 裕基

 創立より長い歴史を重ねてきた長野青年会議所が信頼される組織としてJC運動を継続するためには、組織基盤や広報活動はもとより事業の基本となる例会において時代の変化に則した運営方法が求められます。
 当室では先達から受け継がれる組織基盤をより強固なものとして確立し、その存在意義をさらに高めるため、公益社団法人格である団体としての自覚を持ち、組織運営の知識を深めるとともに、時代に先駆けた効果的な情報の発信と厳格な管理を徹底いたします。
 また、LOMの基本事業となる例会は、全メンバーが意義や目的を理解した上で臨み、新たな気づきや学びの場を求めるとともに、想いを共有できる価値ある機会を創出いたします。
 組織の根幹を担う二つの委員会が、縁の下の力持ちとしてメンバーの活動を支えます。そして一人ひとりがリーダーである自覚を持ち、JC運動に誇りと自信で満ち溢れた姿で取り組み、組織革新を創造し、組織をさらに発展させることでまちづくりに寄与して参ります。

総務広報委員会 方針

委員長:長坂 洋平

 長野JCでは先達が築き上げてこられた厳格な組織運営が市民や行政から信頼され、全ての委員会の土台となることで円滑な事業運営を支えてきました。また事業を積極的に広報することで、多くの市民にJC運動の意義を発信してきました。
 当委員会ではこれからもこの信頼を守るために、組織の根幹である法令遵守と会計管理を厳格に行います。一方で会員が多様な長野JCの事業に安心して取り組める環境を構築するために、情報共有や会議運営を柔軟に行い、事業運営のさらなる安定化を図ります。
 また広報活動では、伝えたい相手を明確にし分析することで、的確な手段による発信に努めます。さらに勉強会の実施や各委員会との連携強化、情報の精査や管理といった当委員会による強力なサポートのもとで、事業担当委員会が主役となり対象の心にひびく内容の発信を実現します。
 そして第三者から客観的な評価が得られる褒章申請を通じて事業を見つめ直すことで、あらためて事業構築から学べる機会を創出し、JC運動をさらに推進する機運を高めて参ります。

例会委員会 方針

委員長:笠井 智

長野JCメンバーは、月に一回以上開催される例会に参加する義務があるとともに出席する権利を持っています。だからこそ、例会に出席することだけに重きをおくのではなく、権利を価値あるものにしていく必要があります。
 当委員会はJC運動の根幹である例会を見つめ直し、構築段階からメンバーを支える中で発信方法のクオリティ向上に向けてさらなる挑戦を促し、長野JCの持つポテンシャルが存分に発揮された例会を創造します。そして、構築段階で育まれた運営側の熱い想いをメンバーに事前に伝えることにより、例会への興味を強く掻き立て、能動的な参加の促進を図ります。そうすることで開催された例会の内容に全メンバーが真摯に向き合い、JC運動を深く理解しその意欲を高める機会とします。
 JC運動の根幹である例会を昇華させることで、一つひとつの例会を全メンバーにとって価値あるものとし、長野JC全体の推進力を向上させ、今以上にまちに影響を与える組織の実現に向け尽力します。

2020年度スローガン

長野青年会議所とは

理事長挨拶

委員会紹介

関連サイト