蒼燃室

室方針

室長:寺澤 大亮

長野JC創設から先達の高き志を脈々と受け継ぎ、運動を推進して来た我々は、今後も地域の発展のために自己研鑽の機会を求め成長し続けて行く責任があります。
 青年会議所運動を通して得られる個人の成長の機会は多岐に亘り、多くのメンバーとの出会いや、新たな領域での経験、そして大きな目標に挑戦する機会、その全てに成長の機会が約束されています。
 メンバー一人ひとりが青年会議所運動の意義や目的を理解し活動することで、よりインパクトある運動を推進することができ、それが結果的に各々の研鑽へとつながります。
 そしてさらなる成長を求め、地域の枠を越えて挑戦する仲間をLOM全体で支え、新たな視野を持つ人材へと進化したメンバーは、LOMを変革へと導く原動力になります。また、より大きい目標に向けた確かな一歩を、メンバーが心ひとつに挑戦していく時です。
 当室は、歴史あるこのまちに革新的変化をもたらすべく、未来を切り拓く青年としての情熱を持った新たな価値を創造して参ります。

出向者支援委員会 方針

委員長:福島 勇太

 先達は永きに亘り出向という機会を通じて、自己の成長につなげ、その中で得た学びや気づきをLOMに発信することで、運動をともにするメンバーの成長とまちづくり運動を推進し、まちの発展に寄与してきました。我々は出向者の勇気ある挑戦を応援する義務があり、最大限の支援をしなくてはなりません。出向に挑戦する仲間をLOM全体で心強く応援することが、出向者の支援と運動への意欲向上につながります。
 当委員会では果敢に挑戦する出向者に密着し、肌で感じた運動をLOMに伝播します。そして、それぞれの参加意識向上に努めるべく、出向者の活躍や、開催地の魅力を発信することでメンバーの参加意欲を促進し、ひいてはLOMの成長へとつなげます。また各地で行うLOMナイトでは、出向者の労いの場として多くのメンバーで激励し、互いの仲間意識を高めます。
 出向という機会がもたらす自己成長と、大会参加への意義や魅力を皆で学ぶことで、多くの人材と活気溢れる長野JCを創造します。

全国大会招致委員会 方針

委員長:久保田 一臣

 第72回全国大会招致の総会決議を可決した長野JCは、その意志を確たるものとしました。
 全国大会招致という大きな挑戦はLOMの成長と同時にこのまちにさらなるインパクトを与えるきっかけとなります。そのためにまずメンバー全員の意思を明確にした上で、全国大会招致に向かう意識を統一し、メンバー全員が弛まぬ情熱を持ち続け全国大会招致に挑むLOMを目指します。そしてメンバー一人ひとりがまちのため、そこに住まう地域住民のため、ひいては社会全体のため何ができるか真摯に向き合うことで、青年会議所運動の意識昂揚を図って参ります。全国大会招致に向けた行動を通して地域の魅力や歴史を改めて知る機会とし、長野JCがこれまで以上に地域の持続的な発展に寄与し地域社会とのより強固な関係を築いていくために、長野JCの持つポテンシャルを地域に伝え、地域と一体となった運動を推進して参ります。
 意志あるところにしか道は開かれません。立候補というスタート地点に立ったことで、LOM全体を一丸とし全国大会招致に向け果敢に挑戦して参ります。

会員開発委員会 方針

委員長:冨沢 大樹

 近年、価値観が多様化した社会となり、我々青年会議所はより一層使命感を持ってまちづくりに取り組まなければなりません。そのような中で推進力を持ってJC運動を市民へ伝播するためには、会員一人ひとりが確かな指導力を身に付け、その資質を向上させることが不可欠であり、また、社会的立場が異なる多様な会員を受け入れ、LOM全体が成長し続けていくことが必要です。
 そのために、全会員がリーダーシップを発揮し、JC運動の意義や魅力を情熱的に発信できるよう会員研鑽の機会を創出いたします。また、実際の会員拡大の場面における長野JCの魅力発信の手法を確立し、多様な会員を迎え入れます。さらに、入会を決意した準会員が継続的にJC運動に参加し、地域を牽引する資質を備えたリーダーとするべく、確固たる基盤作りのサポートを行って参ります。
 当委員会は、一年間を通して、情熱的な蒼い炎を胸に灯しながら会員の先頭に立ち、強固な指導力を持った人材を一人でも多く育成し、会員一人ひとりが長野のまちの未来を切り拓くべく邁進して参ります。

2020年度スローガン

長野青年会議所とは

理事長挨拶

委員会紹介