2020年05月01日(金)

コロナ対策情報:マスク作りにこんなの使えました!

【マスク作りにこんなの使えました!】

公益社団法人長野青年会議所 総務広報委員会です。

 

マスクに関する情報第3弾!今回マスク作成時の小ネタをご紹介します。

新型コロナウイルス対策に手作りマスクをいざ作成しようとしても、ガーゼが売っていない、変なゴムを使って耳が痛いなどなど、そして材料が足りないや良いものが無いなどの問題が出てきませんか?

ないからと言って途中で投げ出す前に、こんなものが使えたりします。

そんなサイトをいくつか紹介したいと思います。

 

マスクの布に子供の良く着ていた服を使って思い出を残すのも良いかもしれません。

 

■手作りの布ガーゼマスクの生地選びと素材の種類、材料と便利な道具

手作りの布ガーゼマスクの生地選びと素材の種類、材料と便利な道具

マスクの布部分にサイズアウトした子供服や、着なくなったYシャツやTシャツを使って作るのも良いですね。

 

■一度使ったマスクの耳の部分捨てずに使う

一度使用したマスクのゴムを使ったマスクの作り方。

使用しているので殺菌を行なった上で使わないといけませんが、相性の良かったマスクのゴムをそのまま使うことによって耳が痛くなるなどが防げると思います。

 

■【手作りマスクの作り方】香港の博士が考案「HKマスク」とは?洗い方やフィルターの交換頻度も紹介

https://tokusengai.com/_ct/17354379#content-paging-anchor-17354379

キッチンペーパーがフィルターに。

ティッシュペーパーやキッチンペーパーを手作りマスクの間に挟むことにより、より感染を防げるようです。

 

マスクの布部分に使用する生地の種類は注意が必要です。

感染予防に手作りマスクと、基本の手洗い、うがいも忘れずに行いましょう

 

これから連休となる方が多いかと思われます。外出したい気持ちは分かりますが、感染拡大を防止するうえで不要不急の外出は自粛しましょう。

 

#青年会議所

#長野青年会議所

#手作りマスク

#こんなの使ってみました

#家にいるだけで、世界は救える

#不要不急の外出は控えましょう

2020年度スローガン

長野青年会議所とは

理事長挨拶

委員会紹介

関連サイト